今日もなんとか

冬生まれの29歳です。言ってることがコロコロ変わります。

SOMPO美術館に行きました

待ちに待った、「ゴッホ静物画 伝統から革新へ」ゴッホ展に行ってきました。生誕170年、SOMPO美術館では20年ぶりのゴッホ展のようです。

事前予約をしていたのでスムーズに入れました。先月は山下清展を開催していて、会期終了間際だったので大混雑でしたが、今回はそれに比べたら比較的観やすかったかな、と。それでも、平日なのに結構な人がいました。

今回はゴッホの絵だけではなく、ゴッホが影響を受けた、また、影響を与えた作品も展示されていました。

一部の作品を除き、写真撮影はOK!メインはやはり「ひまわり」と「アイリス」

「ひまわり」は以前観ていたので、感動はやや薄れましたが、それでも目に入ると釘付けになってしまいました。絵なのに、ま、まぶしい!って感じ。そういえば以前観たときはガラス越しでしたが。

 

*ネタバレ注意です!

 

始めて観る作品もたくさんありました。その中で気に入ったものの一つが「青い花瓶にいけた花」です。こんな感じの絵も描くんだーと思いました。純粋にキレイな絵だなあと。説明文にもありますが、色んなタッチで描かれている作品です。背景の赤色により、絵がさらに際立って見えます。額縁とか、どんな背景に飾るかとかもほんと大事なんだな・・・ふむふむ。

もう一つ気に入った作品がこちら「水差し、皿、柑橘類のある静物」。覚えにくいタイトル。赤と緑の補色のバランスがいい。素朴だけど、おうちに飾って置きたいなあと思った作品です。

 

こちらの美術館は3~5階が展示室になっていますが、ちょっと見づらい気がします。もう少し動線がどうにかなれば変わるかも。お土産コーナーももう少し充実していたら嬉しいです。ただ、順路にゴッホの手紙(主にテオ宛)の文面の抜粋がデザインされていたのにはワクワクしました。「ひまわり」は常設で観れますが、他の作品は海外のものなどもあったので、気になる方は是非行ってみてください(^^)ゴッホ作品がたくさん堪能できました!

また、来年には天王洲アイル駅近くの寺田倉庫G1ビルで「ゴッホ アライブ」なる展覧会が開催されるようなので、そちらも楽しみにしております。(液晶に絵が映し出されるようなやつ)名古屋と神戸でも開催されたようですね。

 

全然関係ないのですが、美術館を楽しんだ後に、ちょっと足を延ばして六本木でランチをしました。気になっていた、北欧ご飯が楽しめるお店です♪北欧ご飯といえばIKEAでしか食べたことなかった私。とっても美味しくてまた行きたいお店になりました!外食苦手って言ってるくせに、この日は実家の母と待ち合わせしたので周りの目も気にせず。お昼時でこじんまりとしたお店だったので、あんまりゆっくりはできませんでしたが、値段に対しての料理のボリュームに大満足!前菜のサラダも凝っていて、キヌアや豆、サーモンにマカロニまで入っていてびっくり。食後にコーヒーとちょっとしたお菓子までついていました。

(グリンピース食べれないので母に食べてもらった)

入口側。窓際の席の装飾も素敵だった!奥はさらに狭い感じ。スタッフの方も親切で、楽しい時間を過ごせました。

北欧料理リラ・ダーラナ 夜は予約もできるみたいです^^